【レポート】有機栽培農園の就労体験/㈱ナチュラリズム

2014年06月04日
140604kobejobtaiken_01 6/2(月)~4(水)、神戸市西区で有機栽培農園を営む ㈱ナチュラリズムのみなさんにご協力いただき、「働くイメージを現場でつかむ! ジョブトレーニング」を実施しました。

3日間にわたる体験の様子を、スタッフのみなさんより頂いたビデオメッセージとあわせてレポートします。

  ▼プログラム内容はコチラをCLICK▼
140604kobejobtaiken_02S

初日は、唐辛子の植え付けからスタート! ここに400本の苗を植えていきます。
140604kobejobtaiken_03 140604kobejobtaiken_04
7月後半から実がなり出し、10~11月に真っ赤に染まったところで収穫。「一味」に加工して出荷するそうです。
140604kobejobtaiken_05 140604kobejobtaiken_06

2日目からは、ベビーリーフやにんにく、レタス、ズッキーニ、じゃがいもなど、いろんな種類の野菜を収穫。
140604kobejobtaiken_07 140604kobejobtaiken_08
梅雨入り前とはいえ、夏を感じさせる炎天下。水分補給も大切なお仕事の一つです。その一方、ビニルハウス内はまるでサウナ。また、かがみっぱなしの姿勢が多いので、手元の作業に集中しすぎると腰がガチガチに…。
140604kobejobtaiken_12 140604kobejobtaiken_11
作業の合間には、野菜づくりのノウハウや、サラリーマン時代のお話、就農希望者のための支援制度など、日替りテーマで勉強会を開催。中でも、特に参加者の興味をひいたのが研修生“はっちゃん”の経験談。3年の修行を経て、来年より独立して農家を営む決意をしたとのこと。同世代から聞く情熱あふれるお話は、心の奥まで響いたようです。
140604kobejobtaiken_09 140604kobejobtaiken_10
最終日、3日間お借りした長ぐつをキレイに洗って終了。 ↘ 見てください、このたくましく焼きあがった小麦色の肌!
140604kobejobtaiken_13 140604kobejobtaiken_15

お世話になったみなさんにご挨拶。
140604kobejobtaiken_14
以下、参加者の感想です。

「体力が心配でしたが、無事に3日間できてよかったです。特に収穫作業にやりがいを感じました。野菜の袋詰めがうまくできずに苦戦しましたが、終わった時の達成感は大きかったです。また、ピーマンがナス科だったり、ウリ科と思っていたズッキーニが実はカボチャ科だったりと、いろいろ教えてもらえたのでとても勉強になりました」

「この3日間で得たことは、人生の糧になることばかり。もっともっと多くの話を聞きたかったです。人それぞれに違った道、いろんな人生があり、あきらめなければ楽しい未来があるということを知り、漠然と悩んでいた将来のことが“楽しみ”に変わりました。これから先、もっと多くのことを知り、自分の人生を生きていきたいと思います」

終了後、㈱ナチュラリズム代表の大皿一寿さんとスタッフのみなさんより、ビデオメッセージをいただきました。
VTR後半では、研修生“はっちゃん”の経験談をカメラに向かってもう一度お話しいただいています。ぜひご覧ください!

【ご参考】㈱ナチュラリズムのホームページはこちら⇒http://www.naturalismfarm.com/